萩野谷 英成

Hidenari Haginoya(Hagy)
萩野谷英成

 

クラシックギタリスト。
ギターを小林 徹に師事する他、P.シュタイドル、Y.セルシェル、福田進一各氏など、多くの著名ギタリストのレッスン・マスタークラスを受講。
コンサートではセダーとメープルを使ったクラシックギター(H.Asakura 2010)をメインに使用。迫力ある重厚な低音と、会場を包み込むような温かく優しい音色にはとても癒されると定評があります。
またクラシックにポピュラー等、ジャンルに拘らない活動ながらも説得力のある深い演奏をし、且つ聴く人が少しでも豊かになるよう心を込めた演奏をします。

ギター・カルテット「クアトロ・パロス」(QUATTRO PALOS)のメンバーとしての活動も精力的に行い、2015年には1stCD『¡Leva!』をリリース。
2016年には2ndCD『Amanecer』をfontecよりリリース。
2018年12月22日には3rdCD『Recuerdos~佐藤弘和 ギター四重奏作品集』をfontecよりリリース。
2018年2月にはアメリカ横断ツアーを成功させる他、国内でも全国的に活動しています。

その他、ギター関係の雑誌、曲集等に、編曲や録音、執筆等で参加多数。
一般財団法人ヤマハ音楽振興会認定講師としての他、「ミュージックスクール フェリーハ」にて教授活動を行う。
オーディションやコンクールにて審査員を歴任する他、日本ギタリスト会議、フォルマールギタリスタス、GFP専門家、公益社団法人日本ギター連盟等の正会員として、日本ギター合奏連盟常任理事としてギター界の活性化へ向け日々尽力中☆

より詳細なプロフィールはこちらのブログ記事へ♪
萩野谷英成 プロフィール(2018)
萩野谷英成 Twitter